薄毛は治療できる!AGA治療による弱点カバーで夫の人生をより楽しく!

夫の長年の悩みの解決のため、ついに夫の薄毛の治療に踏み切ることにしました!

結構勇気のいる決断だったので、AGA治療に至るまでの私側の気持ちとかを書き連ねたいと思います。

治療を決めたクリニックはコチラ>>>AGAスキンクリニック

かざり
もちろん本人の許可ありで記事にしてます〜。

長年AGAに悩んでいた夫

夫は他人がいる場所では室内でも帽子を脱ぎません。

でも、私としては夫の髪型に惚れているわけではないので全然気になりませんでした。

けれど、他人の気持ちと本人の気持ちは別物です。

「他人が気にしない」ことは本人が気にしない理由にはなりません。

AGA治療に踏み切った理由

AGAは進行性治療することができる、というのはテレビCMなどで見て知っていました。

なので、「AGAが気になるなら治療すればいいのに〜」とぼんやり考えていました。

しかし、ぼやっとしていてはいけないと強く感じたのは半年前にNHKのあさイチで「夫の薄毛」特集を見たときです。

あさイチでの薄毛特集で伝えられていた内容のなかで印象的だったのはこの2点です。

あさイチの薄毛特集でわかったこと
  • 薄毛であることに対して本人は想像以上に繊細に傷ついている
  • 年齢が上がるにつれて治療の成果が出にくくなる

薄毛であることに対して本人は想像以上に繊細に傷ついている

薄毛特集に覆面で登場していた男性たちの言葉にとても驚きました。

「女性から冷たい視線を向けられているのがわかる」

「電車で笑いながら薄毛の写真を撮られた」

正直、薄毛にいちいち注目する女性はいないんじゃないかと思います。

電車で知らない人の頭を薄毛を理由に撮影する人がいるとも思えません。。

それでも本人たちは周りの視線を歪んで受け止めてしまうほど、薄毛を気にしていると知って驚きました。

かざり
私が思っている以上に夫は心に傷を負っているんじゃないか?とここでやっと気づきました。

年齢が上がるにつれてAGA治療の成果が出にくくなる

そして治療に踏み切った大きなポイントは、AGAの治療には年齢が大きく関わっているということでした。

AGAの治療の成果がもっとも出やすいのは20代、30代の若い年齢で、だいぶ進行した50代になってくるとなかなか治療の成果が出にくくなるそうです。

「いつか治療しよう」と放っておくうちにどんどん症状は進行していくだけではなく、段階が進んでからは同じ治療を施しても成果が得られないというのは衝撃的でした。

かざり
一定以上になると治療の成果がほぼ見込めないって辛すぎます。

夫とAGAについて話し合ってみた

薄毛の話はものすごくデリケートなものだ、ということをわかった上で 夫にAGAの治療を勧めるのは勇気がいりました。

傷つけないように、本人の強がりや遠慮ではない本音を聞き出せるように、気をつけて話してみました。

AGAの治療は効果があると科学的に証明されていることや、早期治療が大事なことなどを伝えました。

同時に、私は全く気にならないということも話しました。

それでも、気にしているのならAGA治療を試してみてもいいんじゃないかと提案しました。

かざり
夫の気持ちが1番大切です。

AGAへの投資は夫の心に効くはず

私が夫にAGAの治療を勧めたのは、私自身が自分に手間をかけることで心が救われたという経験からでした。

思いがけない効果! いい化粧品にしたら 肌以外にも変化があった

2018.09.14

この記事にもあるように、化粧品をドラッグストアのプチプラのものでなく、いい化粧品に変えることで「自分を大事にする」「自分のケアをする」ということの大切さを強く感じました。

AGAを治療することが出来れば、夫は自分に自信が持てるようになり、その自信は夫の力になるんじゃないかと思いました。

AGA治療を始めることで、鏡を見るたびに小さく傷ついていただろう夫の心を救いたいと思いました。

かざり
私が気にしていなくても、夫が気にしているのなら、それを取り除きたいと思ったのです。

AGA治療は私からの夫への愛情表現

私が何か意見すると、夫は自分の人格を否定されたように受け取ってしまい、喧嘩に発展してしまうことがよくありました。

その根本は「僕は愛され必要とされている」という部分に強い自信がないからではないかと考えていました。

根本の愛情に対する信頼があれば、自己防御のために逆ギレせずに、物事を言葉の通り受け止めてくれるようになるかもしれない。

さらに今、夫は勤め先から突然解雇されてしまい現在は一時的な副業でなんとか収入を得ている状態です。

夫のなかの父親としての自信のようなものまで揺らいでしまっているような気がしていました。

稼げていないという負い目を感じて傷ついている夫に「大丈夫!それでも夫がいてくれることに価値がある!」という私の気持ちを何度も伝えました。

しかし言葉でいくらそれを伝えても夫の心にはなかなか届いていないようでした。。

そこで、我が家にとってはまぁまぁ高額なAGA治療に踏み切ることで「僕にはそれだけの価値がある!」とやっと実感してもらえたようです。

その効果は絶大で、夫は付き合っていたときのように穏やかで優しくなり、私の些細な感情の揺れにも振り回されなくなりました。

かざり
夫の笑顔が増えました。

AGAは早期治療が一番安くあがる!

今回夫が治療を始めたのはAGAスキンクリニック です。

全国規模のAGA治療専門病院で、信頼度が高く通いやすさから選びました。

月々3400円から治療が出来る、という触れ込みですがそれはあくまで進行を止める、現状維持をするための投薬治療ということでした。

夫の場合は現状維持ではなく生やすための治療が必要になりました。

かざり
覚悟の上で受診の予約を入れたので想定内でした。

AGAは早期治療が何より大事

もし今、まだ明らかな薄毛ではなく「年々少しずつ薄毛が進行してる…」と感じているようであれば早めに治療を受けた方が圧倒的に低コストで、進行を防ぐことができます。

AGAは遺伝によるところが大きいので、家族に薄毛の方がいたら高確率でAGAは進行します。

もし、ご本人や配偶者の方が気にしているようであれば早めに受診だけでもしてみることを強くおすすめします…!

かざり
症状が進んでいるとその分お金と時間がかかります…!

薄毛の遺伝子があると自覚している方なら尚更、ほんと、早めに…!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です