急に運動を始めた大人へ捧ぐ!運動不足の痛みに負けず運動を習慣化するサポートサプリ&グッズ




ダイエットや〜健康のためや〜いうて30過ぎて運動始めたのに、運動不足過ぎて運動のせいで体痛めたひと〜!

ハイ!!完全にソレは過去の私なんですがね!

準備と対策をすることでなんとか痛みに負けずに運動を続けられているので、私がとった対策を紹介します。

かざり
ただの一般人の対策なので、合う合わない個人差あると思います。

私の最適解のなかから参考にできそうなものがあれば嬉しいッス!

筋トレするための筋肉がない、状態

運動始めるたびに足首を壊し、膝を痛め、筋肉痛で動けなくなり。

運動をするための筋力がないという。

なんつーか「服を買いに行くときに着ていく服がない」みたいな状況…!

せっかく出たやる気が『回復まで一回休み』の間にやる気がスッと失われていくのが勿体ない。

何よりここらで運動習慣つけておかないと、痩せるどうこう以前に真剣に老後の足腰が怖いです。

これまで準備不足知識不足で運動始めるたびに足首を壊し、膝を痛め、筋肉痛で動けなくなり。

『回復まで一回休み』を喰らいまくった私ですが、今はあらゆる対策を取って運動をなんとか続けられてます。

いきなり運動した翌日の痛みにはクレアチン

事始めってなんか、こうテンション上がりますよね。

「さーーこれから毎日1時間筋トレやって月曜断食やって3ヶ月後には美ボディ!」

みたいな。(極端)

そんで1日目にめっちゃ頑張って筋トレだの宅トレだのやって翌日筋肉痛。

「筋肉痛がおさまるまでちょっと休憩…」

いうてる間に筋トレやるぞーって思ってた気持ちはどこへやら。

かざり
痛いとイヤになるんですわ!当たり前やけど。

「私コレ絶対明日筋肉痛なるわ…!」

って事前に気づけた場合に、コレを用意しておくと結構ほんま翌日の筋肉の状態が違います。

パウダータイプは結構飲みにくいという話もあるので、こっちのカプセルタイプもいいかも。

飲み忘れて翌日筋肉痛になってから気づいた場合でも若干マシになったります…!

クレアチン自体は「踏ん張る力を!」とかなんだけども筋肉痛によきもの、という感じでお世話になっております。

かざり
クレアチン、厳密には「筋肉痛に効く!」って触れ込みのサプリではないんですが、個人的には翌日の回復がほんと違います…!

関節系の痛み対策はサポーターとコンドロイチン

名作と名高いフィットボクシング始めたんですけどね。

めっちゃ楽しくやってたんですけどね、膝が…!

私の場合はリングフィットではとくに膝にダメージはありませんでした。

しかし…フィットボクシングのずっと前後に揺れてる動きでやられました!

整体の先生に相談したり、色々調べてみた結果、膝の痛みには膝の筋肉をつけるのが効果的という結論にたどり着きました。

かざり
膝の筋肉つけるための運動で膝痛めとるんやっちゅーねん!!

筋肉をつけるための筋肉がないという現実!

けど今の段階でもうなんとか頑張って筋肉をつけないと、足腰立たない老後が待っている…!

ということで、外付け筋肉として膝サポーターを購入しました。

貧弱な膝を物理でサポートしてもらいながら筋肉をつけていく作戦です。

最初はAmazonの安いテキトーな中華製品でいいかなと思って探したんですが、安物買いの銭失いはイヤなので、老後の自分のためにもちゃんとしたヤツにしました。

サイズもちゃんと測って…測ったら…LLサイズ…!

かざり
足太いなって自覚はしてたけどLじゃなくてLLか…!

つっっら!

辛いけど現実を受け入れて左右兼用のLLサイズサポーターを2つ買って、それをつけてフィットボクシング再開です!

かざり
膝めっちゃ守られてる〜〜〜!安定してる〜!痛みぜんぜんマシ…!

フィットボクシング始めたら膝痛くなった人にはマジでサポーターおすすめしたい。

絶対膝やるわ…!って関節の弱さに自信がある人はフィットボクシング始める前に一緒に買っておいてもいいと思います。

マジで。

せっかくのやる気を失わないためにも。

かざり
これまで運動してこなかった人間が、突然スムーズに運動を習慣化できるわけないんですよホンマ。。

合わせて飲んだのはグルコサミン&コンドロイチン

私膝めっちゃパッキパキ鳴るんですよ。

それはもう小学生の頃から。

関節系弱いな〜って自覚はずっとありました。

そこで、フィットボクシングで盛大に膝を痛めて

「ここでなんとか膝を鍛えておかんと老後がヤバイ…!」

関節系といえば!のグルコサミン&コンドロイチンを導入しました。

私が買って今飲んでるのはコレ。

もうね〜サプリはサプリ大国アメリカのものを選ぶ人間になってしまったんですよ…!

膝の痛みはサポーターもだけど、この効果もなかなかやったんじゃないかなと個人的にはすごい思った。

小学生の頃から聴き慣れた膝パキッがなくなったし、フィットボクシング後の膝痛もスッキリですわよ。

私が今いちばん良く飲んでるメーカーのもあるからなくなったらこっち買おうかな。

かざり
私なんで今までコレ飲んでなかったんかな…って思うくらい快適になりましたわよ。

サポーターの前に運動靴は必須かもしれない

思えば私が最初に運動に手を出して痛めたのは足首でした。

そのときね、素足や靴下で運動していたんですよ!

家だから!

痛めた足首が回復する頃に靴を買いました。

足首を盛大にやる率は一気に下がりました。。

ジムで履くようなランニングシューズを履いています。

かざり
家でも運動のときは靴、だいじ…!

基本は「いきなり張り切らない」「無理しない」に尽きる

関節痛にはサポーターとサプリ、筋肉痛にはその日の内にクレアチン。

宅トレでもちゃんと靴を履く!

(あと関節系はとくに準備運動とストレッチを…!)

そして、何より…いきなり無理しない。

新しいことを始めるときってテンション上がるし、気持ちは多少無理しても動けてた頃で止まっているので、久々に気合いれて運動とか始めてしまうと

かざり
ハァハア…!運動だのじい…!いける!もっとやれる…!

って思ってしまうんですが、運動不足の三十路の体は思ってるより軟弱でした。。

翌日の筋肉痛、関節痛でせっかくの運動への前向きな気持ちを折られないように、

老後の自分の足腰のために、

せっかくなら自尊心を保てる体型を維持するために!

対策しつつ運動を続けていけたら最高だなと思います。

かざり
ひとりで、誰とも比べず競わず黙々とやれる運動は超たのしい!!

 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー